MITの授業で採用

現代における「プログ ラムの構造と解釈」 「プログラムの構造と解釈」(略してSICP)と呼ばれるMITの有名な 教科書があります。しかし、近年になってその授業はPythonに置き換えられました。Pythonの簡単な言語仕様と豊富なライブラリが授業に適してい たためです。
新時代のSchemeそれはPython
かつてはSchemeが再帰的なことを思考するためのツールでした。しかし、世の中は変わりました。より現代的な設計、現代の学生にマッチした Pyrhonは教育分野でも主流となりました。

多くの大学で利用されています。現 在ではアメリカの主要な大学のコンピューターサイエンス講座では
Pythonが使われています。


中学生にでも理解できる。 Python はとても簡単、簡明な言語仕様です。中学生にも理解できるでしょう。


PythonによるMITの授業
も日本に居ながらにして聴講できるようになりました。